副業ブログの魅力3選!福岡の凡人サラリーマンの人生が激変

ネットビジネス

副業でブログをやってみようかな?だけど簡単にできるの?福岡でブログやっている人いるのかなぁ?


ブログに興味があるけど中々踏み出せない方の疑問にお答えしますね!

こんにちはJIMMAN(ジムマン)です!副業サラリーマンです。ネットビジネス5ケ月で収益6桁達成することができました。今回は、わたしの副業の魅力と日々のルーティーンワークを紹介します。

Advertising

副業ブログ魅力3選

福岡でサラリーマンをしながら、副業をしているのですが、はじめたのが2020年9月ぐらいから本格的にブログを始めました。

ブログは、無料ブログではなく、有料ブログ(ワードプレス)から始めました。理由は、いずれブログで収益化させたい思いがあったからです。

ブログの内容は、主にブログサイトの立上げサポート記事と副業について書いています。

もし趣味程度で無料のブログを考えているのであれば、アメブロがおすすめですね。

無料ブログと有料ブログの違いについては、こちらの記事を参考にしてくださいね!

ブログ以外には、おこずかい稼ぎと資産運用の考えから株式投資と投資信託をはじめましたね。

実際に5ケ月投資して収益20万円達成した運用方法はこちらから

副業ブログ 魅力その1 ブログは低コスト

ここで、副業にかかる費用を私のケースで考えていきますね!

項目初期費用毎月の費用毎年の費用
ブログ(ワードプレス)サーバー開設費用(3,000円+1,100円)とドメイン費用(1,100円)
サーバー
1,100円
ドメイン
1,100円
株式投資(国内株式:個別株)株式購入資金 450,000円で運用開始
投資信託(インデックスファンド)毎月 5,000円毎月積立資金5,000-

実質、副業で毎月にかかる費用は、6,000円程度で、内5,000円は、年利3~5%で資産運用しているので支出にカウントしないとすると、毎月1,000円程度でブログを運営していくことができます。

とういことで少しでもブログ運営資金を増やしたいひと必見!ネット初心者でも1万円稼ぐ手法はこちらから

副業ブログ 魅力その2 自分のお店を経営することができる

ブログに関して、個人的な見解で魅力を説明すると、まずは、自分だけのサイトがつくれることです。

感覚でいえば、自分のお店をネット上に開くことができるということです。

そのブログにユーザーが求める記事や商品を紹介したり、サイトデザイン(お店)をかっこよくしたり、かわいくしたり自由にカスタマイズできます。

お店の経営者になった気分で楽しめますよ!

副業ブログ 魅力その3 自動的に収入を得ることができる

将来的には、サイトが自動的に収益をあげていくことも可能なので、朝は、好きな時間にゆっくり起きて、おしゃれなカフェや旅行など好きなことを楽しくできるのも夢ではありません。

今では、ブログの開設もたった10分で開設することができるようになって誰でも簡単にはじめることができます。

Advertising

ブログ運営でのルーティーンワーク

わたしの1日のスケジュールになります。

本業はサラリーマンなので、8時半から17時半まで会社です。19時頃帰宅して、食事とお風呂や家事を済ませだいたい、8時半から9時くらいからブログ執筆作業に入ります。

だいたい11時~0時まで作業するので、毎日2~3時間くらいが作業時間になります。記事の作成量は、2~3日で1記事程度のスピードで書いています。

正直お酒が好きなので、記事を書いたご褒美にいつもいただいています!ご褒美があれば結構がんばれるものです。

まとめ

ということで副業ブログの魅力をお伝えしてきました。今副業ブログを考えているのなら、是非おすすめします。

凡人のわたしでも本業+副業(ブログ・ネットビジネス)で副収入を得ることで、生活に心のゆとりが生まれ人生が前向きにいきれるようになりました。

副業で収益がでるようになると、自由になる時間が増え、人生の選択肢も増えます。

是非少しでも何かに挑戦してもらえたらうれしいです。Twitter(@jimman2525)もやっているのでブログに興味があれば何か声をかけてもらえたら喜びます!一緒に頑張っていきましょう。

サラリーマンで副業禁止が気になる方はこちらの記事で解決できます!

福岡40代サラリーマンが解説!副業をはじめられないその理由とは?
こんにちはJIMMAN(ジムマン)です! 副業サラリーマンです。ネットビジネス5ケ月で収益6桁達成することができました。 毎月「5万や10万程度」でも副収入があれば、生活の質もだいぶ変わりますし、心のゆとりも生まれるでしょう。しかし様々な理由で、副業をはじめられていないのではないでしょうか

コメント