アドセンス広告の最適な位置を解説(スクロール追従も使用)

WordPress

・アドセンス広告のことを知りたい
・ブログに配置する広告の最適な設置場所を知りたい

そもそもアドセンス広告って何?クリック率を上げる広告の配置が知りたい!という悩みを持っている人はとても多いかと思います。

アドセンス広告で収益を上げるためには、広告の配置がとても重要になってきます。そこで、そんな悩みを解決していきますね。

こんにちはアフィリエイターのJIMMAN(ジムマン)です。
まずは最初に「アドセンス」について少し触れたいと思います。

Advertising

アドセンス広告とは?

アドセンスはグーグルのサービスの一つで正確にはグーグルアドセンス(Google AdSense)と言います。

色々なサイトやブログに表示されている、以下のようなものをアドセンス広告といいます。

この広告を、訪問者がクリックをすると、Googleからサイト運営者に報酬がもらえる仕組みになっています。

広告の内容は、Googleが自動で選択してくれるので、サイト運営者は、広告の配置を決めるだけでいいです。

広告の報酬金額

それでは、実際アドセンスでどの程度収益が見込めるのかを考えていきます。

アドセンス広告の仕組みは、訪問者がサイト・ブログに訪れたときに、広告をクリックして初めて報酬が発生します。

報酬は、1クリックの平均単価は、大体30円~40円が多いです。

端末によって変わりますが、パソコンからのクリックで40円前後、スマホからのクリックだと30円前後となっており、たまに1円とか表示されるのは、自分でクリックした誤操作が多いようです。

アドセンスでの収益予測

では、大体どの程度の収益が想定されるのかを考えていきます。
報酬額の考え方は、「クリック数×平均クリック単価=アドセンス収益」で求めることができます。

例えば、実際に「クリック率1%、クリック単価が30円、そして1日のPV(ぺージビュー)が10,000PVの場合、「100(クリック数)×30(クリック単価)=3,000(アドセンス収益)」となります。

この計算は、あくまでもクリック率が1%での計算になります。しかし、アドセンス広告で収益を上げていくには、検索上位を狙って、常に多くの人に訪問してもらえるサイト・ブログ作りが必要になります。

確かに1日当たり167円稼げば良いのと、アフィリエイトのように制約まで繋げないでいいので、初心者でも不可能ではありません。
とにかく記事に対するアクセス数を増やしていく必要があります。こちらの記事には、集客するためのキーワード選定や記事作成の無料ツールを書いているので導入してアクセス数をどんどん増やしていきましょう。

インターネット上では、一般的にブログを運営している人で、95%の人は月5,000円も稼げていないと言われています。しかし、これはアフィリエイトの場合で、アドセンスの場合では、9割の人が月5,000円以上稼げると言われています。

Advertising

広告の配置場所

広告の配置を行う場合、クリック率が高いとされる場所に広告を配置することが重要になります。

そして、掲載する「広告の種類」もポイントになるので、ここでは、最適な場所に最適な表示の広告を抑えて置きましょう。

最適な広告の場所

広告を表示させる場所は、クリック率を上げるためにとても重要になります。そこで記事における最適な場所を解説していきます。

記事画面

【項目】【広告表示内容】
記事タイトル下リンクユニット
リード文の下レスポンシブ
記事内レスポンシブ
記事下(まとめ)ダブルレクタングル
関連記事レスポンシブ
サイドバー上部バナー
記事タイトル下

記事タイトル下には、リンクユニットを配置しましょう。リンクユニットは報酬発生まで2回のクリックが必要な広告ユニットですが、一見して広告だと思わないデザインなので、意外とクリックされていきます。

リード文の下・記事内

ネイティブ広告の一種であるレスポンシブ広告は、リード文と記事内に配置します。ユーザーに不快感を与えることはなく、配置することができます。

記事下(まとめ)

記事を読み終わったユーザーは次の行動を考えている心理状態のため、記事下はアフィリエイトの王道とも言えるクリック率の高い配置箇所です。

関連記事下

関連コンテンツ内に広告も設置できます。最後まで見ている読者の離脱を回避しクリックを促すために配置しましょう。

サイドバー(上部)とスクロール追従も設置

サイドバーの右上にも広告を配置します。ユーザーのPCでの視線の動きは、Z型とF型があります。行き先が、右上に行く原則があるのでサイドバーの右上に配置することでクリック率を上げることができます。そしてスクロール追従機能も有効に使いましょう。

本文を読みながら下にスクロールしているときにも、視界に入るのでクリックされやすくなります。

広告を貼るときの注意点

広告を貼る枚数に制限はなくなりましたが、広告が配信するページのコンテンツよりも多くならないこと」と「記事コンテンツが、価値ある情報を提供していることという条件があるので注意しておきましょう。

まとめ

広告の配置場所のおさらいになりますが、以下のようになります。

【項目】【広告表示内容】
記事タイトル下リンクユニット
リード文の下レスポンシブ
記事内レスポンシブ
記事下(まとめ)ダブルレクタングル
関連記事レスポンシブ
サイドバー上部バナー

また、広告の内容によって単価が高い広告もあります。一般的にクリック単価の高いジャンルは以下の業種があります。指定して表示させ単価を上げていくのもいいでしょう。

クリック単価の高いジャンル
  1. 金融・保険 
  2. クレジットカード
  3. 不動産
  4. 自動車
  5. エステ・美容・ダイエット
  6. 英語・英会話
  7. 就職・転職

アドセンス広告での収益を上げることを考えた場合、まずは、ユーザーに訪問してもらえる記事作りも重要になってきます。こちらの記事では、ライティングが身につく本を紹介しています。参考にしてください。

コメント

  1. こんにちは!
    丁寧な説明でよくわかりました。
    またお邪魔しますね(^^♪

    • ゆうさん
      ありがとうございます。
      是非また遊びにきてください!

  2. ジムマンさん、初めまして
    ランキングから飛んできました楓と申します

    なるほどです!!
    私はアドセンスブログも持っているんですが広告の種類や位置の検証がイマイチ苦手で‥orz

    早速試してみますね♪
    とっても勉強になりましたヾ(o´∀`o)ノ

    また伺わせて頂きます
    ランキング応援完了です☆

    • 楓さん!はじめましてジムマンです。

      アドセンス広告の記事読んでいただきありがとうございます。
      このパターンで一度試してもらって、反応を見て都度修正してもらえればと思います。

      しっかり記事を読まれる読者さんの場合、スクロール追従は、いやな方もいるかもしれません。その時は、解除してください。
      リンクユニットもタイトル下よりアイキャッチ画像下の方が好む方もいます。

      ランキング応援ありがとうございます。
      また訪問お待ちしています。