エックスサーバーでWordPress(ワードプレス)をインストールする手順

WordPress

こんにちはJIMMAN(ジムマン)です!

今回は、WordPress(ワードプレス)を導入する手順について解説していきます。

その前に、サーバー契約、ドメイン取得、サーバーとドメインの紐付けまでの事前作業が必要になります。

まだ準備できていない方は、こちらの記事で準備してください。

準備ができたら。エックスサーバーにWordPress(ワードプレス)をインストールしていきましょう。
※ここでは、エックスサーバーでのWordPress(ワードプレス)のインストールを解説しています。
Advertising

WordPress(ワードプレス)インストール手順

エッスクサーバーのパネルにアクセスしてください。サーバーIDを入力して、パスワードも入力してください。入力したらログインしてください。

 

ログインしたら、設定対象ドメインを自分のドメインに設定して、WordPress簡単インストールを選択してください。

次に、WordPressインストールを選択してください。

次に、ブログ名、ユーザー名、パスワード、メールアドレスを入力してください。キャッシュの自動削除設定は、ONのままでいいです。

①ブログ名・・・後からでも変更可能です。
②ユーザー名/パスワード・・・・WordPress(ワードプレス)管理画面にログインするときに必要になります(*毎回記事を書くときにログインします)
③メールアドレス・・・このアドレスにWordPressの案内が届きます。
補足:キャッシュは、履歴のことで一定期間で自動削除される設定をおすすめします。
 

スクロールして次に、データーベースは、自動でデータベースを生成するが選択されていたらいいです。

データベース
利用するデータベースを指定します。
特に利用予定のデータベースが無く、今回新たに作成する場合は、「自動でデータベースを生成する」を選択してください。初めての方は、自動でデータベースを生成するを選択してください。
最後に、確認画面へ進むをクリックしてください。

確認画面がでてきます。内容を確認して、インストールしてください。

これで、WordPressインストールが完了しました。

WordPress(ワードプレス)管理画面にログイン

管理画面URLをクリックして、WordPress(ワードプレス)管理画面に入ってみましょう。

WordPress(ワードプレス)管理画面になります。ユーザー名とパスワードを入力してログインしてみてください。この画面から毎回ログインすることになりますので、このURLはお気に入り等に保存することをおすすめします。

ログインするとダッシュボードの画面がでてきます。ここから記事を書いていくことになります。

Advertising

まとめ

WordPress(ワードプレス)が開設できたら、まずは、記事を書く前に初期設定をしてください。

初期設定でSSL化することにより、データが保護されます。

SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。SSL化されたウェブサイトは、URLが「https」から始まり、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが入ります。
 

コメント