WordPress(ワードプレス)を開設したら最初にやるべきSSL化の手順を解説

WordPress

こんにちはJIMMAN(ジムマン)です!

最初にSSL化について触れたいと思います。

SSLとは、インターネット上でのデータの通信を暗号化し、盗聴や改ざんを防ぐ仕組み(プロトコル)のことです。SSL化されたウェブサイトは、URLが「https」から始まり、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが入ります。
今回の設定の中で、サーバー側のSSL化については、エックスサーバーにドメインを設定する手順の中で、[無料独自SSL化を利用する]にチェックをしたと思います。

 
 
Advertising

サーバー側のSSL化の確認

サーバー側のSSL化の確認をする場合は、エックスサーバーの管理画面からログインしてください。 サーバーパネルからSSL設定をクリックしてください。

次にドメインを選択するをクリックしてください。

次の画面でhttp://がhttps://になっていればSSL化設定が完了しています。


設定されていない場合は、独自SSL設定追加から設定してください。

Advertising

WordPress(ワードプレス)側のSSL化

それでは、SSL化(http→https)について解説していきます。この作業はとても大事なので最初に設定しておいてください。

WordPress(ワードプレス)にログインして管理画面(ダッシュボード)に移動してください。

こちらのように保護されてない状態になっています。

ダッシュボードの設定にカーソルをあわせて、一般を選択してください。

WordPress(ワードプレス)(URL)とサイトアドレス(URL)のhttp://をhttps://に変更します。

次に変更を保存を選択してください。

ダッシュボードの画面に戻ってhttps://になっているか確認してください。

まとめ

SSL化をして、サイト表示をしたら、このようなメッセージがでる場合があります。

この状態は、SSL化の作業中なので、時間がたってから再度確認してみてください。

早いときはすぐできるのですが、遅い場合は、2日程度かかる場合もあるのでお待ちください。

これでSSL化の設定は終わりです。お疲れさまでした。

コクーンブログで導入しても相性がいいプラグインです!ひとつひとつ設定することでプラグインの内容が詳しく理解できてきます。

コメント